雲湖朕鎮は実在する言葉?意味と由来は?デマという噂がある?!

テーブルと筆記用具画像

雲湖朕鎮という言葉の読み方はうんこちんちんなのでしょうか?雲湖朕鎮の意味や由来について調べました。ネットで目にする言葉ですが、実在しない中国語だと言われています。それは本当なのでしょうか。雲湖朕鎮に対する世間の反応や言い換えの言葉などもまとめました。

雲湖朕鎮の読み方はうんこちんちん?意味は?

https://twitter.com/BPMiyokka/status/1362688429268496384?s=20

ネットで見かける雲湖朕鎮という言葉。これは中国語だと言われています。この言葉の読み方は何なのでしょうか。また、この言葉には深い意味が込められているようです。雲湖朕鎮の読み方や意味について見ていきましょう。

雲湖朕鎮の読み方とは?

 

雲湖朕鎮は、どんな読み方をするのでしょうか。この言葉は漢字をそのまま音読みして、「うんこちんちん」と読みます。読み方は下ネタであることから、注目されたようです。

中国語と言われていますが、日本で口に出すのは恥ずかしい言葉となっています。

雲湖朕鎮の意味とは

雲湖朕鎮という中国語の意味は何なのでしょうか。意味は「興奮していたり怒っていたりして冷静に判断することができない時こそ、周りを見て心配りできる気持ちを持つべき」だそうです。

恥ずかしい読み方ではありますが、雲湖朕鎮には座右の銘になるような意味が込められています。

雲湖朕鎮の由来は?秦の始皇帝が関係している?!

雲湖朕鎮という言葉の読み方は「うんこちんちん」で、深い意味が込められていることが分かりました。この言葉の由来は何なのでしょうか。その由来は、秦の始皇帝の逸話が関係しているようです。

雲湖朕鎮は中国語?秦の始皇帝の逸話から生まれた?

https://twitter.com/angelmaron/status/1360613106590781442?s=20

雲湖朕鎮という言葉は中国語です。秦の始皇帝が湖のそばで宴をしていた時、側近の者が秦の始皇帝の服に酒をこぼしました。その時、秦の始皇帝は怒りましたが、すぐに怒りを鎮めました。

側近の者を何故許したのかを聞かれた秦の始皇帝は、「湖に映る雲が水面で動かないでいるのを見て、怒る自分が恥を感じた。朕は、湖面に映っている雲に怒りを鎮められた」と話しました。

この話から、雲湖朕鎮という中国語が生まれたと言われています。しっかりとした逸話が由来になっているようですね。

秦の始皇帝とはどんな人物?

秦の始皇帝は、古代中国の歴史上の人物です。紀元前221年に中国で初めて天下統一し、政治改革や交通整備・規制などを行いました。万里の長城を建設したことや兵馬俑などで有名です。

不老不死の薬を探すことを命じたそうですが、紀元前210年、旅をしている中で死亡しました。一説では、水銀が入っている薬を飲んでいたことが原因と言われていますが、死因は毒殺と考えられています。

雲湖朕鎮は実在しない?デマという噂!?

https://twitter.com/oda_abo/status/761567306807861248?s=20

雲湖朕鎮は読み方はギャグのように見えますが、深い意味が込められ、由来もある中国語です。しかし、雲湖朕鎮という中国語は実在しないという話があります。雲湖朕鎮はデマなのでしょうか。実在するのでしょうか。

広辞苑などの辞典には記載されていない

本当に雲湖朕鎮という言葉が実在するなら、広辞苑などの辞典に記載されているでしょう。しかし、辞典に雲湖朕鎮という言葉は記載されていないようです。ウィキペディアにも雲湖朕鎮のページはありません。