すあだの顔は?バーチャルおばあちゃんの中の人?地声や結婚について

いぬわんたんグッズが買えるすあだショップもオープン

現在はすあだショップもオープンしており、ジャスティスボーイ真やいぬわんたん関連のグッズが購入できるようになっています。

Tシャツやパーカー、バッグやスマホケースなどが販売されており、すあだTシャツも売られていました。

すあだ(バーチャルおばあちゃん)の炎上騒動まとめ

問題発言の多いバーチャルおばあちゃんは「生きる国際問題」「V界の問題児」「歩くバルカン半島」などの異名を持っています。

しかしそんなキャラだからこそ愛されているようで、問題発言に比例して炎上騒動が起こってきたわけではありません。こちらで紹介するのは問題ばかりのバーチャルおばあちゃんで珍しく炎上した数少ない炎上事件です。

炎上騒動①Vtuberのフォロー解除騒動

https://twitter.com/SIROyoutuber/status/1379407082235994112?s=20

バーチャルおばあちゃんはVtuberの中でも目立つ存在です。初期は他のVtuberもバーチャルおばあちゃんに注目していました。

中でもVtuber・電脳少女シロはバーチャルおばあちゃんのツイッターもフォローしており、動画でも名前を出していて応援している様子だったのです。

けれどバーチャルおばあちゃんの発言が過激になっていき、電脳少女シロはフォローを解除しました。動画でもバーチャルおばあちゃんについては触れなくなったのです。

また、Vtuber・ときのそらも同じ時期にバーチャルおばあちゃんのフォローを外していました。

バーチャルおばあちゃんが他のVtuberからフォロー解除された理由は、Vtuber達の運営が炎上騒動を危惧したからではないかと言われています。

そのほか、バーチャルおばあちゃん(中の人はすあだ)が、自身の過激な発言によって炎上した場合、飛び火しないように事前に防いだのだとも言われていました。

諸説あるものの詳細は不明なのですが、電脳少女シロとときのそらがバーチャルおばあちゃんのフォローを解除し、話に取り上げなくなったことは事実です。

けれど大御所Vtuber・キズナアイは物怖じせず、動画でバーチャルおばあちゃんのものまねを披露していました。バーチャルおばあちゃんも自身はキズナアイの60年後だと話しており、お互い存在を認めている状態です。

ちなみに、バーチャルおばあちゃんはドナルド・トランプ(元アメリカ大統領)のみをフォローしていました。

行動を監視する目的でフォローしたそうですが、いつの間にかオバマ(元アメリカ大統領)もフォローしており、ネット上で話題になりました。

炎上騒動②ポプテピピックにいぬわんたんが登場

人気ギャグマンガ「ポプテピピック」に、すあだが生み出したキャラクター「いぬわんたん」によく似たキャラクターが登場しました。

そしてサムネイルとして使用されており、これに対してバーチャルおばあちゃんの中の人であるすあだが怒り抗議したようです。

「ポプテピピック」という作品自体、ギリギリを責めている作品なのでいつかこうなるだろうと思っていた等のコメントがネット上に書き込まれていました。

炎上騒動に発展しましたが、その後問題のサムネイルは差し替えられており、「ポプテピピック」作者の大川ぶくぶも騒動について謝罪しています。

しかしこの炎上騒動、いぬわんたんが勝手に使用されたために起こったものでしたがそもそもいぬわんたんは市販品です。

市販されているぬいぐるいみをすあだが使用しているに過ぎず、著作権の権利者ではないのに、権利者に無断で行使したと指摘されていました。

この指摘をされた後、すあだは「猛省」とツイート。「ポプテピピック」作者の大川ぶくぶとも和解したようで、年賀状でコラボも果たしています。炎上騒動はあったものの、現在は鎮火済みと見ていいでしょう。

すあだ(バーチャルおばあちゃん)の素顔は?どんな人なの?

バーチャルおばあちゃんの中の人・すあだの素顔は画像として残っていません。覆面姿のみ残っている状態です。

過去には放送でボトルに反射した素顔が映るといとう事件があったそうですが、残念ながらその画像はなく、あくまで情報の一つということになります。

すあだの年齢すらわかっていませんが、地声などから若い男性の可能性があると指摘されていました。結婚の噂はバーチャルおばあちゃんとしての発言のため、すあだが結婚しているかどうかは不明です。

不明な点が多いのですが、ファンはそれでよしとしている様子でした。謎多きキャラとして愛されているのでしょう。