ロボ子さんの中の人(声優)の前世はゆろと?炎上や身長等のwikiプロフィールまとめ!

ロボットの女性

ロボ子さんという、とても古風な名前を持つVTuberをご存知でしょうか?

実は個人作成の3Dモデルが企業採用されてVTuberに発展したという、一人でキャラと声を操る個人勢とはまた異なった経緯の持ち主なのです。

まずデビューするにあたり、ときのそらなどが所属するカバー株式会社(ホロライブ)から2017年12月に声優オーディションが行われました。

そして、現在の中の人と出会い、VTuberとして2018年3月より活動開始となりました。

結果として、他のVTuberよりデビューが早くなり、いま勢いに乗るホロライブ勢よりも先輩に位置することとなりました。

現在、ホロライブ一同をまとめるにいじられる立場として注目されるロボ子さんの中の人(声優)の前世はゆろと?炎上や身長等のwikiプロフィールまとめ!を調査して参りました。

スポンサーリンク


ロボ子さんの中の人(声優)の前世は誰?

ロボ子さんの中の人は、オーディションで選ばれた声優さんです。

それは誰?と問われたら、第一候補に挙がるのがニコニコやYouTubeで主に歌配信を行っていた「ゆろと」です。

理由としては、活動の停止時期の一致や声質になります。

特に、コラボ以外の動画は今現在全て削除されていることから、身元を隠す必要性があったと考えられるので、要チェックな人物ですね。

では、そのコラボ動画を元に声を比較してみましょう。

ショートカットの紫髪で振り返りのポーズがゆろとです。

bilibiliには本人の声のみの動画があります(外部リンク)。

こちらがロボ子さんのオリジナルPVです。

歌は多少なりとも加工された声なので、本人か特定するには難しいですが・・・

こちらが動かぬ証拠というものです。

ゆろとの画像

左のリストにしっかりロボ子さんの配信が登録されています

というわけで、中の人は「ゆろと」で確定しました。

スポンサーリンク


ロボ子さんの炎上とは?

結論から言えば、ロボ子さんの配信に関する炎上はありませんでした

ただ、活動当初は他事務所とのコラボが多いことに対して不満を持つ人もいました。

さらに中の人(ゆろと)が自身のTwitterアカウント(削除済)でコラボした人の話をつぶやいたことがあったそうです

その当時は2重アカウントが契約段階で禁止されていなかったためにこのようなことが起こってしまったと考えられます(前項の画像のようにYouTubeのchも残っていました)。

こういった問題行動があってからは、契約時には前世との決別を誓うことがVTuber界の決め事になったと推察されます。

しかし、どうやらロボ子さんに対するアンチの根底には、たった一つの座を賭けたオーディションにあったようです。

当時はVTuberが毎日のように生まれる時代ではなく、さらにロボ子さんのように3Dモデルまで用意されたケースは、現在であっても滅多にないチャンスですから、落選者からの恨みつらみが相当あったようです。

なお、ホロライブの炎上騒動とロボ子さんは無関係です。

そもそも、中国の連携先の人の話なのでVTuberとは関係ないということで落ち着いています。

ロボ子さんの誕生日等のwikiプロフィールまとめ!

ロボ子さんの誕生日

誕生日:2016年5月23日

年齢:3歳(2019年5月23日誕生日配信時点)

年齢に関してはロボットですからこのまま増えても問題ない気がしますね。

ロボ子さんの身長

身長:154cm

日本人の女性の平均身長よりやや低いといったところです。

ときのそら(160cm)と並んだ時はけっこう差があるなと感じました。

ロボ子さんのwikiプロフィール

  • 好きなもの:PUBG、荒野行動、ポケモン、カービィ、ホラゲーなど多数
  • 嫌いなこと:脅かされること
  • 特技:ゲリラ配信、歌ってみた、ASMR

本質的にポンコツです。

それを純粋に楽しめない方がアンチとしていることが悩みプロフィールでしたが、いまは登録者数も増えて解消。

ロボ子さんの経歴

2017年12月に声優オーディションを行いました。

2018年3月4日、ロボ子さんのchに初投稿を行いました。

2019年4月1日、ロボ子モノマネ選手権でホロライブ勢に身体を玩具にされてしまう事態に。

2020年1月24日、hololive 1st fes. ノンストップ・ストーリーに出演しました。

基本的にはゲーム配信が中心ですが、歌ってみた系もあり、中の人の歌唱力もVTuberとして十分なスペックであることを証明しています。

また、ASMRをはじめ、ちょっとお色気な部分も特徴ですね。

活動当初はモデルがかわいいだけと言われることもありましたが、いまではときのそらとライブでMCを務める場面も。

スポンサーリンク


ロボ子さんの絵師(イラストレーター)

ロボ子さんの起源はVTuberとして活動を始めるかなり前から、kuromaru9(Twitter)という方により設定が練られていました。

2Dデザインは2013年1月にはできていたというから驚きですね。

2016年頃から3D化を積極的に取り組み、Unityでスムーズに動かせるようになったことから、プロモーション動画の作成を開始しました。

当時の様子はこちらを見ていただけるとよくわかります。

また、デビュー後も改良を重ね、細かい部分の調整を行うなど、ロボ子さんに対する愛情が伺えます。

2019年9月のツイート。デビューから1年半経ってもかわいさを追求しています。

ロボ子さんのかわいい画像まとめ

ここではロボ子さんのかわいい画像を一部紹介させていただきます。

高性能なGIFとは。さすがロボ子さんです。

配信が追えない人のための切り抜きはもはやVTuberには必須なんです。

ホロライブくじではポンコツ凶担当。風邪ひいちゃったんですよね。

ライブお疲れ様です。特別衣装も素晴らしいです。

まとめ

ロボ子さんの中の人(声優)の前世はゆろと?炎上や身長等のwikiプロフィールまとめ!として、調査したところ

  • 会社が個人から3Dモデルを仕入れ、そこに声優をつけてVTuberとなった。
  • ロボ子さんの中の人(声優)はゆろと。
  • ゆろとはガードが甘く、TwitterやYouTubeが併存していた。
  • ロボ子さんは3歳(20年2月時点)で、毎年歳をとる設定。
  • 声優オーディションの敗者から配信当初はかなり嫉妬があった。
  • 現在はいじられ役のポンコツ先輩として定着している。

という結果になりました。

ロボ子さんはおよそ604本/700日(参照)という、とんでもない配信ペースで2年が経とうとしています。

しかも1時間以上の長時間配信が多数の上、コラボ側の動画数は含んでいないから驚きです。

これからも無理のない範囲で、活発な活動を続けてほしいですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です