ナオキマンショーの出身大学や高校はどこ?仕事や年収が気になる!

森の画像

ナオキマンショーさんは都市伝説やホラー、ミステリー系のトーク動画を投稿されているYouTuberです!

そんなナオキマンショーさんとは一体どのような人物なのでしょうか。

そこで今回はナオキマンショーの出身大学や高校はどこ?仕事や年収が気になる!と題しまして、ナオキマンショーさんについて調査してみたいと思います!

スポンサーリンク


ナオキマンショーの正体とは?

ナオキマンショーさんは、もともとYouTubeを視聴するのが好きだったことからこの世界に入ったという、いわば生粋のYouTuber。

都市伝説やホラー、怪奇現象、ミステリー関連のトーク動画をメインに投稿されています。

チャンネルの説明によると「現実世界を疑いたくなるようなネタをどんどん紹介していきたい」とのこと。

こうした非現実感が視聴者にウケて、今や登録者数が90.4万人(2019年10月現在)という大人気のチャンネルとなっています。

動画は、カメラ前のナオキマンショーさんが、ひとつのテーマについて語っていくというスタイル。

たったひとりの“語り”でこれだけの支持を得るというのは、なかなかすごいことではないかと思います。

そんなナオキマンショーさんの出身大学についても調査してみました!

ナオキマンショーの出身大学はどこ?

ナオキマンショーさんの出身大学については非公開となっています。

米シアトル出身のナオキマンショーさん(ご両親は日本人)、高校卒業後、大学進学を機にに日本へと引っ越したという情報がありました。

ナオキマンショーさんの博識ぶりと英語力を考えると、かなりレベルの高い大学で勉強されていたのかもしれませんね。

そんなナオキマンショーさんの出身高校についても調査してみました!

ナオキマンショーの出身高校はどこ?

ナオキマンショーさんの出身高校も、大学と同じく非公開でした。

ナオキマンショーさんの出身地・米ワシントン州シアトルといえば、古くから貿易港として発展してきた都市。そうした歴史もあり、移民が非常に多いのだそうです。

18歳までシアトルで過ごしたナオキマンショーさん、多文化が交錯する環境の中でさまざまな知識を吸収していったのでしょうね。

ちなみに、ナオキマンショーさんは、週1回日本語学校に通われていたこともあるそうです。

アメリカ育ちなのに日本語がお上手なのも納得です。

そんなナオキマンショーさんの仕事についても調査してみました!

スポンサーリンク


ナオキマンショーの仕事は何?

ナオキマンショーさんは、日本の企業に就職されていて、YouTuberとしての活動と兼業をされているそうです!

本職としている仕事についての情報は見つけることができませんでした。

ただ、動画投稿の頻度や完成度の高さ、各種の取材等が殺到していることを考えると、果たして本業を続けられているのかどうか、ちょっと疑問ですね。

2019年7月には、バシャールさん(宇宙人?)との対談本出版が決まったという発表もありました。

もはや、YouTuber、あるいは都市伝説評論家が本業なのかもしれません。

そういえば、最近の投稿では、初期の頃の動画に比べて明かに滑舌がよくなりテンションも上げ気味になってきていますね。

職業=YouTuberという意識の高まりから、とも考えられます。

そんなナオキマンショーさんの年収についても調査してみました!

ナオキマンショーの年収はどれぐらい?

ナオキマンショーさんがこれまでのYouTube動画で得た収入は1926万円で年収にすると825万円だそうです!

チャンネルを開設されたのは2017年なので、わずか2年でこの収入というのはナオキマンショーさんのYouTube動画の人気度合いがわかりますね!

また、YouTuber以外にもお仕事をされているとのことなので、そちらの収入を合わせるとナオキマンショーさんの年収は1600万円前後なのではないでしょうか。

そんなナオキマンショーさんの所属事務所についても調査してみました!

ナオキマンショーの事務所はどこ?

ナオキマンショーさんは事務所には所属されておらず、フリーのYouTuberとして「COLLAB JAPAN」を利用されているそうです!

COLLAB JAPANとは2017年に設立されたYouTuberをはじめとしたクリエイターをサポートしている企業とのことでした。

そんなナオキマンショーさんの年齢についても調査してみました!

ナオキマンショーの年齢はいくつ?

ナオキマンショーさんの生年月日、年齢についての情報はありませんでした。

ですが、2018年にチャンネル登録者数20万人を記念してナオキマンショーさんの顎の起源説・質問コーナーという動画を投稿されています。

その動画で199X年生まれとされているので、1990年代生まれということは判明しました!

ですから、ナオキマンショーさんは2019年現在、20代ですね。

そして経歴等を考え合わせると、20代後半、そろそろ30歳?といった感じでしょうか。

そんなナオキマンショーさんのプロフィールについても調査してみました!

ナオキマンショーのwikiプロフィール

  • 名前:ナオキ(?)
  • 出身:アメリカ合衆国ワシントン州シアトル
  • 身長:169㎝(推定)
  • 体重:50〜55kg(推定)

 

本名については公表されていませんが、ネットではさまざまな憶測が飛び交っています。

苗字、もしくは名前が「ナオキ」では?
苗字、もしくは名前が「ショウ」では?
苗字、もしくは名前を音読みすると「マンショウ」では?

いずれも確証はありません。

有名人なのになかなか分からないというのは、すごくミステリアスでナオキマンショーさんらしいですね。

また、ファンの間からは印象的な顎を表現する「アゴナー」という愛称がつけられているそうです。

YouTubeを始めるまえは顎に関していじられることはなかったそうなのですが、現在では自分で顎についていじっていました笑。


18歳までアメリカで生まれ育ったナオキマンショーさんですが、英語だけでなく日本語も堪能ですよね。

それはアメリカに在住していた頃に通っていた学校に日本人がいたことや、週に1回日本語学校に通っていたからとの事でした!

そんなナオキマンショーさんの経歴についても調査してみました!

スポンサーリンク


ナオキマンショーの経歴

ナオキマンショーさんはアメリカで生まれ、18歳の時に日本に来日しました。

そして日本の大学を卒業し、就職されています。

ナオキマンショーさんは2017年6月に「Naokiman show」というチャンネルを開設し、動画投稿を始めました。

動画投稿開始7ヶ月でチャンネル登録者数は10万人を突破し、現在のチャンネル登録者数は90.4万人(2019年10月現在)となっています!

また2019年9月19日は「ナオキンマンのヤバい世界の秘密」という書籍を出版されるなど、活動の幅を広げられています。

ナオキマンショーさんの名前の由来はトゥルーマンショー?

ナオキマンショーさんのTwitterによる質問募集の中に、「ナオキマンショーの名前は映画トゥルーマンショーのもじりですか?」というのがありました。

米映画『トゥルーマンショー』(1998年)はジム・キャリーが主演した映画で、メディアが仕掛けた2重、3重の陰謀を描いたストーリー。“マンショー”の部分だけではなく、内容的にも符合するのでは?と考えた点には一理あります。

また、同じことを考える方は、ネット上にも少なくないようです。

ナオキマンショーさんは映画もお好きで、ジム・キャリーの映画もしっかりチェックされているようですしね。

とはいえ、ナオキマンショーさんからはこの点についての言及はありません。

“~マンショー”で言えば、日本では1980年代に「スネークマンショー」というのがあったり、アメリカにはテレビコメディー「The Man Show」というのがあったりしますね。

ナオキマンショーさんが何をイメージして命名したのか、明かされる日が来るのでしょうか?

まとめ

今回はナオキマンショーの出身大学や高校はどこ?仕事や年収が気になる!と題してお届けしてまいりました!

  • ナオキマンショーさんは高校はアメリカ、大学は日本の大学に進学されている。
  • 仕事は日本で就職。本職とYouTuberを兼業しているとのことでした。
  • ナオキマンショーさんの年収は1600万円前後と思われる。

 

という結果になりました!

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です