三好琢也の事件の判決は?現在は実家に戻り生活している?

大学卒業後、住友 商事に入社

大学卒業後は住友商事に入社し、エリートコースの階段を上っていたようです。事件を起こしたときは三好琢也は24歳で住友商事の営業部1年目だったそうです。

絵にかいたエリートコースに進んだ三好琢也は地元でも有名だったそうですが、事件を起こしたことを知りみんなとても驚いたようです。

住友 商事は10年で退社予定だった?

住友商事に入社して1年目で事件を犯してしまった三好琢也ですがどうやら10年目で退社したいという気持ちを周囲の人に話していたようです。

住友商事では営業部に所属していたようですが、自分は営業に向いていないと周囲にこぼしていたようです。

卑劣な事件で何もかも失った三好琢也

VISITS OBというアプリを使いOB訪問してきた女子大生を泥酔させたうえで猥褻な行為をし逮捕された三好琢也ですが判決は不起訴となり3000万円の賠償金を支払う事で合憲になりました。

三好琢也は幼い頃から英才教育を受け大学も慶応大学に入学し、三菱商事に入社するという絵に描いたようなエリートコースを進んでしました。

しかしこの事件を起こしたことで、妻とも離婚し三菱商事もクビになり犯した過ちの代償は大きかったと言えるでしょう。

更に最近ではVISITS OBのアプリを使った事件が多発しておりOB訪問は事件と隣り合わせであることを女子大生に警告しているようでこれ以上被害女性が出ない為の対策方法も公開しています。

いずれにせよこのような事件を起こせば、元の生活に戻れないのはもちろん失うものも大きいという事も世に示すことが今後の犯罪の抑制につながるのではないでしょうか。