ラブリが強制わいせつで書類送検!夫は米倉強太!

ラブリ 強制わいせつ 書類送検

モデルのラブリさんが、昨年の3月に強制わいせつで書類送検されていたことが、週刊文春で報道されました。

被害を受けた女性や、ラブリさんの夫、ラブリさんはレズなのか?今後のラブリさんの仕事はどうなるのか?調べてみました。

ラブリが強制わいせつで書類送検!その経緯は?

2020年3月にラブリさんが強制わいせつで書類送検されていたことがわかりました。

強制わいせつに至った経緯や、被害者の女性について調べてみました。

宿泊先で知人女性にいきなり迫る

事件があったのは、2019年5月のこと。

ラブリさんと女性と他3人で、和歌山県白浜町に旅行に行きました。

被害者の女性は、ラブリさんが関わってるプロジェクトの責任者で、親睦を深めるための旅行でした。

宿泊先で飲み会が終わった午前4時半ごろに、部屋に戻って寝ていた女性をラブリさんが襲い、

すごく舐めたいの」と言って、スカートをめくって下着を脱がせ、陰部を舐め始めます。

驚いた女性は、「男の子が好きなので、女の子は無理なんです」と拒否をしましたが、聞き入れてもらえず、

「女の子も気持ちいいよ」と押し倒され、抵抗を続けると、ラブリさんから「うるさい」ときつい口調で言われ、陰部に指を入れられたのです。

午前6時40分頃にようやく解放されたとのことです。

被害女性は重度のPTSDに…

被害者の女性は、大手IT企業に務めており、事件後もショックを抑えて仕事を続けていましたが、次第に死にたいと思うようになり、NPO法人に相談しました。

医師からは重度のPTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断されました。

PTSDとは、強烈にショックを受けた体験などで、精神的に強いストレスがかかり、時間が経っても、その経験がトラウマとなり、強い恐怖を感じる症状です。

今回の犯罪被害の他に、災害や事故が原因となる場合があります。

被害届が提出され、ラブリは書類送検へ

2019年8月に被害女性が、和歌山県警白浜警察署に被害届と告訴状を提出しました。

その後2020年3月に、ラブリさんは強制わいせつ罪で書類送検されました。

ラブリさんの担当弁護士は、週刊文春の取材に対し、「犯罪行為はない」と主張しています。

ラブリさんにレズ疑惑!世間の反応は?

ラブリさんは2019年11月に結婚し、旦那さんがいますが、今回の報道を受け、レズ疑惑が浮上しました。

今回の文春の報道に、世間は驚きを隠せない様子が見られました。

今後のラブリの仕事はどうなる?スポンサーへの損害賠償も?

今回の強制わいせつで書類送検の件は、今後のラブリさんの仕事にどのような影響があるのでしょうか?

CMタレントが不祥事を起こした場合、巨額の損害賠償や違約金が発生する場合があります。ちなみに損害賠償の支払いは、契約によりますが、タレント自身が支払うのではなく、広告代理店が支払うことが多いそうです。

また、ラブリさんはルームフレグランスやボディクリームなどの商品を扱う「キリグ(KILIG)」というブランドをプロデュースしています。

今回の件を受けて、製造中止や販売中止になった場合は、損害賠償を求められる可能性もあります。

今回の事件は、タレントとしてのイメージの悪化は確実なので、今後のタレント活動やアーティスト活動にも影響は出てしまうでしょう。

ラブリのwikiプロフィール!