輝海まりなの中の人(前世)はりんちゃい?中身(声優)はどんな人?

輝海まりなの中身(声優)・りんちゃいは33歳で酒豪?

https://twitter.com/kagamimarina_v/status/1355794580369600512?s=20

40歳以上という疑惑のある輝海まりなの中身(声優)・りんちゃいですが、その一方で33歳だという説も浮上しています。

輝海まりなの中身(声優)・りんちゃいが、2017年12月13日に30歳になったことを祝福されていたため年齢が判明しました。

ツイートからお酒を好んでいることもわかっており、輝海まりなの中身(声優)・りんちゃいは酒豪だと予想されています。

輝海まりなの中の人(前世)・りんちゃいの顔画像はある?

輝海まりなの中の人(前世)・りんちゃいは過去のツイートから顔画像が発見されています。口元は隠されていますが、顔の全体の雰囲気はわかるでしょう。

画像ではそれほど年齢が上のようには見えないので、輝海まりなの中の人・りんちゃいは33歳説の方が真実に近い可能性が高いと考えられます。

輝海まりなの中の人(前世)・りんちゃいにバツイチ疑惑浮上

輝海まりなの中の人(前世)だと思われるりんちゃいのツイッターが発掘されてから、様々な情報が出てきました。

まず、わかっている範囲ですが、2019年~2020年の間は仕事をしていた可能性が高いと思われます。取引先についてツイッターで触れていました。

また、りんちゃいはバツイチであるという噂も流れていたのですが、こちらに関しては詳細がわかっていません。

ツイッター上のやりとりを見てバツイチの可能性があると考えたリスナーがいたのですが、それは輝海まりなの中の人(前世)・りんちゃいがFF14をプレイしていたからではとも言われています。

FF14では結婚というシステムがあるため、バツイチというのもFF14での話ではないかとも考えられているのです。

輝海まりなの中の人(前世)・りんちゃいの母親は亡くなってる

輝海まりなの中の人(前世)・りんちゃいは片親だという噂も広まっていました。これまで父親の話ばかりしていたため、リスナーの間では実は母親がないのではと予想されていたようです。

そして過去、apex配信中に母親がいないことを告白していたという情報が数名のリスナーから寄せられていました。コメント欄も動揺していたようですし、母親がいないという情報は信憑性がありそうです。

輝海まりなのapex配信が話題!好感度アップで人気に!

https://twitter.com/kagamimarina_v/status/1360858734600220675?s=20

輝海まりな(りんちゃい)は現在apex配信が注目されています。もこうとのマッチングでもこうのリスナーが配信にやってきた際、快く迎えていたことから好感度が上がり新規リスナー・フォロワーを獲得しました。

もこうとマッチングしリスナーが輝海まりなの配信へ

https://twitter.com/kagamimarina_v/status/1360567023944671232?s=20

2021年、輝海まりな(りんちゃい)のツイッターのフォロワー数が急増していると話題になりました。これは、輝海まりな(りんちゃい)が2021年2月21日よりスタートしたapexのプラチナ耐久配信が原因だと見られています。

ゴールドランクからプラチナへ野良で挑戦するという企画で3月1日に見事達成しましたが1週間、休憩や睡眠をとりながら配信していました。

耐久配信はそのものが人気のある企画なのですが、この企画で輝海まりな(りんちゃい)は多くのフォロワーを獲得しています。けれどその新規フォロワーは、特にVtuberのファンではありませんでした。

Vtuberの配信を好んで見ている層ではなく、加藤純一もこうといったゲーム実況者のフォロワーが輝海まりな(りんちゃい)をフォローしています。

それというのも、輝海まりな(りんちゃい)はapex耐久配信初日にTwitchにて配信していたもこう達とマッチングしており、もこうのリスナー達が輝海まりなの配信にも登場していたのです。

けれどそういった行為はこれまであまり受け入れられてきませんでした。他の配信者のリスナーが配信に訪れることでコメント欄が荒らされたり、元からいたリスナーが「来るな」とキレたりするのが日常茶飯事だからです。

輝海まりながリスナーを受け入れ好感度が上昇!

もこうのリスナーが自身の配信に流れてきたことで、コメント欄には輝海まりな(りんちゃい)に関係のないことも書き込まれていました。

つまり荒れている状態だったのですが、配信者の輝海まりな(りんちゃい)はもこうのリスナーを好意的に見て受け入れたのです。

輝海まりな(りんちゃい)の配信を見ていたリスナーも最初は戸惑っていた様子でしたが、もこうのリスナーが登場したことで登録者数と同時接続人数の数字が伸びたため喜びました。

その後、輝海まりな(りんちゃい)は「昔荒らしにあったことがあればたいしたことはなく、ただコメントしているだけだしかわいいもの」「縁に感謝しています」「続けてきてよかった」と語っています。

この、あたたかく受け入れるという姿勢で好感度が上がったためか、もこうのリスナー達が輝海まりな(りんちゃい)の配信を気にするようになり、ツイッターもフォローするようになったのでしょう。