助産師hisakoの離婚理由や再婚した旦那(夫)と子供!年齢等のwikiプロフィール!

子だくさん家族のイメージ

助産師hisakoさんは出産に関する話題や、子育てなどに関する内容の動画を投稿されている助産師YouTuberです!

驚きなのは助産師hisakoさんにはなんと11人のお子さんがいて、12人目を妊娠中だそう(2020年8月現在)。

そんな助産師hisakoさんとは一体どのようなプロフィールの持ち主なのでしょうか。

そこで今回は助産師hisakoの離婚理由や再婚した旦那(夫)と子供!年齢等のwikiプロフィール!と題して、助産師hisakoさんについて調査してみたいと思います!

スポンサーリンク


助産師hisakoの離婚理由

助産師hisakoさんは2014年の夏に16年間の一度目の結婚生活に終止符を打たれています。

離婚した理由については「30代までの自分は妻として至らない事だらけだった」「パパの気持ちに全く寄り添っていなかった」とおっしゃっています。

助産師hisakoさんのブログ『助産師HISAKOオフィシャルブログ』ではもう少し踏み込んで「ママ脳とパパ脳の違い」という部分にも触れていますね。

離婚された2014年は助産師hisakoさんが10人目を出産した年、そしてご自身が院長を務める「助産院ばぶばぶ」が移転した年…。

子育てと仕事に追われる日々の中で、すれ違いが生じていったのかもしれませんね。

ですが「降って湧いたように起きた離婚騒動・・・」と表現されていることから、予期せぬ出来事だったことがうかがえます。

離婚した当時を振り返っているブログ記事では、6人の子供を育てていく重責と不安、会えなくなってしまった4人の子供達への想いなどで、自分を責め続けて地獄のような日々だったと綴られています。

YouTubeではいつも明るい太陽のような助産師hisakoさんですが、とてもツライ思いをされていたのですね。

そんな助産師hisakoさんの再婚相手や子供についても調査してみました!

スポンサーリンク


助産師hisakoの再婚した旦那(夫)や子供

助産師hisakoさんの現在の旦那(夫)はこちらの方、MARKさんです。

とても還暦には見えない若々しさと明るさを持った素敵な男性ですね。

助産師hisakoさんは冒頭でも触れたとおり、4男7女の11人のお子さんと12人目となるお子さんを妊娠されています。

流産を経て長男を出産したのが1998年。その後、1999年に長女、2001年に次女、2002年に次男、2004年に三女、2007年に四女、2008年に五女、2010年に三男、2012年に四男、2014年に六女、2016年に七女を出産されています。

ちなみに初産は58時間かかったとのことでした。

2014年に離婚をされ、再婚されるまでシングルマザーとして奮闘されていたそう。

1人の子供を女手一つで育てることすら大変なのに、同じ女性として尊敬しかありません。

そんな助産師hisakoさんは2016年に、黄瀬(きせ)正道さん(通称MARKさん)と再婚されました!

11人目は新パートナー・MARKさんとの間にできたお子さんです。

MARKさんはキューズベリーという子供雑貨を取り扱うお店の三代目。(※2020年現在、代表は長男の正徳さんが務めています)

助産師hisakoさんと結婚される以前から、10年ぐらい仕事仲間の関係だったとのことです。

現在では、YouTubeの撮影や編集など重要な裏方仕事を全て手掛けているそう。

年齢は助産師hisakoさんよりも14歳年上。

そんな夫・MARKさんを一言で表すと「他者が自分をどう見ているかを意識することが皆無の人」。

ずば抜けた発想力とポジティブ思考で助産師hisakoさんを裏で操っているのはMARKさんとのことでした。

10人の子供ごと引き受けてくれたMARKさんにとても感謝しているともおっしゃっています。

動画の概要欄には「変人MARK」と書かれていますが笑

視聴者さんからも10人もの子供を抱える助産師hisakoさんを選ばれたのか質問するコメントが多く寄せられているそう。

その理由について、セミナーの司会をMARKさんが務めた時に助産師hisakoさんとのやりとりをした時の夫婦漫才のような呼吸感の気持ちよさ、人間として大切な事を教えてくれた事が決め手となったとの事でした。

そんな助産師hisakoさんのお子さんの名前と年齢についてもまとめてみました!

助産師hisakoの子供の名前と年齢

助産師hisakoさんには2020年8月現在11人のお子さんを出産されています。

そのお子さんの名前と年齢をまとめてみました!

1998年生まれ:長男 昇太(しょうた)君(22歳)

1999年生まれ:長女 寿鈴(すず)さん(21歳)

2001年生まれ:次女 萌桃(もも)さん(19歳)

2002年生まれ:次男 奏太(かなた)君(18歳)

2003年生まれ:三女 実瞳(みみ)さん(17歳)

2007年生まれ:四女 来瑚(ここ)さん(13歳)

2008年生まれ:五女 七花(なな)さん(12歳)

2010年生まれ:三男 凛太(りんた)君(10歳)

2012年生まれ:四男 楓太(ふうた)君(8歳)

2014年生まれ:六女 暖乃(のの)さん(6歳)

2016年生まれ:七女 憧音(とと)さん(4歳)

男の子が4人、女の子が7人なのですね。す…すごいですね!まとめてみて圧巻でした。

また、長女の寿鈴さんは2019年9月にお子さんを出産されています

助産師hisakoさんはもうおばあちゃんになられたのですね。他人ですがなんだか感慨深いです。

現在12人目を妊娠中ですが、お孫さんより年下のお子さんが生まれるということになりますね。不思議な感じがしますが、無事に生まれてほしいです♪

そんな助産師hisakoさんのwikiプロフィールについてもまとめてみました!

スポンサーリンク


助産師hisakoの年齢等のwikiプロフィール

助産師hisakoの年齢

助産師hisakoさんの生年月日は1974年1月1日とわかりました!

ですから現在の助産師hisakoさんの年齢は46歳であることが判明しました!(2020年8月現在)

助産院ばぶばぶの公式サイトにあるHISAKOプロフィールなどから知ることができます。

とても46歳には見えませんよね!

 

この投稿をInstagramで見る

 

助産師HISAKO 助産院ばぶばぶ(@babubabu_org)がシェアした投稿

過去の新聞記事には見出しに「細腕奮闘記」とありましたが、

いやいや決して「細腕」ではないでしょう。

そんな助産師hisakoさんのwikiプロフィールもまとめてみました!

助産師hisakoのwikiプロフィール

  • 名前:HISAKO【本名:黄瀬寿子(きせひさこ)】
  • 出身:大阪府
  • 血液型:A型
  • 身長:165cm
  • 趣味:サーフィン、農業
  • 職業:助産師、ヨガインストラクター
  • 座右の銘:ありのまま

助産師hisakoさんは助産師をされているのですが、これまでに150人の赤ちゃんを取り上げたというベテラン助産師であることが判明しました!

助産師を目指すきっかけとなったのは、高校生の時にテレビで助産師学生の特集で赤ちゃんの誕生シーンを見て感動したことだったそう。

もともと子供好きだった助産師hisakoさんは「自分の進むべき道はこれしかない!」と確信したとのことでした!

「がんばらへんをガンバロウ」を合言葉に掲げている助産師hisakoさん。

その合言葉に多くの親子が救われています。

助産師hisakoさんの豊富な知識や経験は、子育てで悩んでいる多くのママさんから「力が抜ける!」と大好評だそう。

11人を育てて感じてきた事、助産師としてたくさんのママに触れてきて感じた事をミックスして、教科書通りにはいかない育児の理想と現実のギャップをどんどん発信していきたいとYouTubeでおっしゃられています!

たくさんのママ達の笑顔のために奮闘する助産師hisakoさんの今後の活躍にも注目ですね!

そんな助産師hisakoさんの経歴についても調査してみました!

助産師hisakoの経歴

前出の助産院ばぶばぶの公式サイト内「助産師HISAKO略歴」などを参考に、経歴をご紹介していきましょう。

助産師hisakoさんは高校卒業後、藍野学院短大看護学科、名古屋市立中央看護専門学校助産学科に進学されます。

卒業後は総合病院で小児科、産婦人科、NICU勤務を経て、産婦人科クリニックに勤務されています。

1998年に出産を機にクリニックを退職。

2001年には子育てネットワークサークル「ばぶばぶ王国」を立ち上げ、2004年には新生児訪問や妊婦教室講師、学校などの教育現場で「いのちの授業」をするなど講師としての活動を開始されました。

2006年に出張専門の助産院「ばぶばぶ」を大阪市阿倍野区に開設。

2011年にはヨガインストラクターの資格を取得し、マタニティーやキッズ向けのヨガ教室を開始。

また2012年からは育児雑誌のコラムの執筆も始め、2013年5月には「9人産んじゃいました!」同年7月には「みんな違っていいやん!」という著書を発売されています。

2015年からはばぶばぶ独自のセミナーや、ウェブ相談、育児グッズの販売を開始。

さらに2020年には助産院ばぶばぶを沖縄県うるま市へと移転させました。

同年5月からYouTubeチャンネル「【12人目妊娠中】助産師HISAKOの子育て学校」にて動画投稿も開始されており、現在のチャンネル登録者数は6.67万人となっています(2020年8月現在)。

2020年5月にアップされた「なんで12人?」という動画は、ひと月足らずですでに62万回超の再生回数となっています。

注目度の高さを物語っていますね。

まとめ

今回は助産師hisakoの離婚理由や再婚した旦那(夫)と子供!年齢等のwikiプロフィール!と題してお届けしてまいりました!

  • 助産師hisakoさんの離婚理由は夫婦間のすれ違いによるものと思われる。
  • 黄瀬正道さん(愛称:MARK)と再婚されている。
  • 元夫との間に10人、再婚後に1人の子供がおり、現在12人目を妊娠中である(2020年8月現在)
  • 1974年1月1日生まれの46歳である(2020年8月現在)
  • 助産師としてのお仕事以外にもセミナーやヨガ教室などを開いたり多方面で活躍されている。

という結果になりました!

今回も最後までご覧いただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です