100日後に食われるブタが賛否両論!飼い主は丸焼き希望!?

今回は「100日後に食われるブタ」についてご紹介していきます。100日後に食われるブタというyoutubeチャンネルに賛否両論が集まっているようです。飼い主はどんな人?丸焼きにしたい?詳しくご紹介します。

100日後に食われるブタに賛否両論!飼い主はどんな人?

100日後に食われるブタというyoutubeチャンネルが話題を集めているようです。

かわいいと話題の一方、チャンネルのタイトルからわかるように100日後に食べられるということで賛否両論を生んでいます。

100日後に食われるブタの飼い主はどんな人なのか、この動画の狙いとは何なのか?ということなどについてご紹介していきます。

100日後に食われるブタとは?

「100日後に食われるブタ」とは、2021年5月にできたyoutubeチャンネルです。

自宅でミニブタを飼育していて、飼い主とミニブタの日常がのぞけるチャンネルになっています。

2021年7月現在、チャンネル登録者数は6万人を超えていて、チャンネルとしてはかなり伸びているチャンネルということで注目されています。

しかしながら、youtubeチャンネルのタイトルにもあるように、この動画に出演しているミニブタは100日後には食べられてしまうというコンセプトになっています。

100日後に食われるブタの飼い主は?

ミニブタと戯れ、かわいがっている様子の飼い主ですが、買っているミニブタを食べてしまうつもりだといいます。

飼い主はいったいどんな人なのでしょうか?飼い主に注目が集まっているようです。

ミニブタの飼い主は35歳の男性ということで、約10年サラリーマンをしており、2年ほど前にフリーの動画編集者となったそうです。

転身した理由は、2年ほど前にマコなり社長さんやイケダハヤトさんなどのビジネス系youtuberが話題になっているのを見て、これから動画の需要が高まっていくと思ったからということです。

飼い主はとある動画編集の講座を受講していて、その講座をやっている会社と協力してyoutubeチャンネルを立ち上げたんだそうです。

飼い主がミニブタの飼育と撮影、動画の編集をやっていて、会社の方でディレクションやマーケティングをやっているそうです。

100日後に食われるブタ「カルビ」はどんなブタ?

「100日後に食われるブタ」に出演しているミニブタは「カルビ」という名前です。

カルビは2021年2月27日生まれの男の子ということで、100日後には4キロ後半くらいに育っている予定ということです。

名前も覚えていて呼んだらついてくるそうです。トイレも覚えることができたそうです。ブタは頭が良いのですね。

100日後に食われるブタには賛否両論?

そんな「100日後に食われるブタ」ですが、早速賛否両論が上がっているようです。

視聴者からは「食っても食わなくても批判されるの確定」という声もあるようです。

かわいいけど100日後にどうなってしまうのかが気になって見れないというような意見もありました。

衝撃的なタイトルをつけることで再生数を稼いでいるというような批判もあります。

100日後に食われるブタの狙いは?

そもそも「100日後に食われるブタ」の動画の狙いとは、いったい何なのでしょうか。

ペット系のチャンネルをやりたいと思っていて、スパイスが欲しいと思い、「100日後に死ぬワニ」にインスパイアを受けて企画を思いついたんだとか。

バズるための企画を最初は考えていたところ、犬猫などは飽和していることもあり、差別化を図り、メッセージ性を強くするための企画ということです。

食品ロスの観点から、命の尊さを考えてほしいという思いが込められているそうです。

「かわいそう」というようなコメントは想定していたそうで、動画投稿開始時には低評価が多かったそうです。

しかし、4日目くらいには高評価が増えてきて低い物でも過半数を超えるようになったそうです。

次第に、「命に感謝しないと」というようなコメントも増えてきたそうです。

100日後に食われるブタはどうなる?本当に食べるの?